車検ってたくさん聞くけど、車検ができる車やさんの選び方って?

車検ってたくさん聞くけど、車検ができる車やさんの選び方って?

車検ができる工場の資格には、運輸局の認証工場と指定工場の2種類があります。

認証工場

整備士免許と一定の設備をもって認証工場の資格がおります。自社で点検整備をしてから運輸局へ車を持ち込み、国の検査員から合格をもらう工場です。比較的小規模な工場が多い。

589448_r1_c3

指定工場

589448_r1_c1

認証工場の資格取得後、設備や管理体制など一定要件をクリアできれば指定工場へステップアップできます。民間の検査員がおり運輸局へ車を持ち込まず車検が完了できる分、スピディーに車検を完了できると言えます。

 

その他・・・ 上記どちらでもない場所で、ブレーキなど主要な部分の分解をすることは違法です。こういった工場は未認証工場と呼ばれており、非合法な整備工場です。ここでは、自動車やバイクの分解をすることは法律違反なので、車検等を依頼しないよう注意が必要です。

 

車検は陸運局に車を持って行けば誰でも出来ます。

しかし、分解した点検(ブレーキ回り等)は出来ないので、どうなっているかは分かりません。ですので、国が認めた工場(認証工場、指定工場)でしっかり点検や整備をしてもらえる工場選びが重要です。

そういう工場は運営するのに、どうしてもコストがかかっており、車検時の売上を上げるために予防整備と言って多くの交換部品を提案されることがありますが、それを自分で必要かどうかを判断するのは難しいです。

しっかり必要性を聞いて自分が納得したものだけを交換してもらいましょう。基本的に車検に通らない部品交換はあまりありませんから…

こちらの予算に応じて相談に乗ってもらえる工場などは良いかもしれません。

すぐに故障に結びつくものはそんなにありませんから。

メール予約・お問い合わせ