速太郎の車検レポート

車の法定点検は必須で受けるべき?義務や車検との違いを京都市の車検専門店が解説

車を所有していると法定点検の案内ハガキなどが届くことがあります。この法定点検とは車検と同じように法律で受けることを義務付けられているものなのでしょうか?今回は多くの方が疑問に思う法定点検に関して、京都市の車検専門店が解説していきます。

 

法定点検とは

まず結論からお伝えすると、法定点検を受けないことに対する罰則は特にありません。

しかし法定点検は車の健康を維持する上で大切な点検および整備となるため、法定点検を受けることは道路運送車両法にて義務付けられています。法律で義務付けられてはいるものの、特に罰則は無い為、拘束力が弱いというのが実態のようです。

法定点検は1年ごとに行う12か月点検と2年ごとに行う24か月点検の2種類があります。12か月点検と24か月点検はそれぞれ点検の項目は異なります。法定点検の中でも、24か月点検は車検と同時に行われるため、車を所有するほとんどの方が自然と受けている場合が多いです。

 

車検とは

法定点検と紛らわしい車検ですが、車検の概要についても簡単にご説明します。車検とは車が公道走るために受けることが義務付けられている検査のことを指します。新車の初回車検であれば登録から3年後、初回車検以降は2年に一回、運輸支局や国の指定を受けた整備工場で、国の指定する保安基準を満たしているかどうかチェックを受ける必要があります。

 

法定点検と車検の違い

車が公道を走るためには2年に一回の車検を通す必要がありますが、法定点検は車検とどのように違うのでしょうか?

法定12か月点検と車検の違いは、法令で定められた機器を使用した完成検査濃霧です。車検は「法定24か月点検+完成検査」となります。

法定12か月点検の際には「完成検査」がありません。ここが大きな違いとなります。

車検では道路運送車両法で決められている点検とそれに応じた整備をして、最後に自動車検査員が完成検査を行うことで、車の安心・安全が保たれています。

 

法定点検を受けるメリット

法定点検を受けることでどんなメリットがあるのでしょうか?

法定点検を受けるメリットは、主に2つあります。

その3つは、「メーカー保証の対象になる」「運転者の法的責任が軽くなる場合がある」「下取りや買取時の査定評価が上がる」の1つです。

1つ目のメリット、「メーカー保証の対象になる」を説明します。

12か月点検を受けていればメーカー保証の対象になります。もし、法定12か月点検の点検項目の対象となっている部品や装置に故障や不具合がある場合にはメーカー保証が利用できます。メーカー保証は「法定12か月点検を受けていること」を前提としています。そのため、何かがあった時のために法定点検を受けておくと安心できるでしょう。

ただし、自動車の保有者に重大な過失がある場合は適用されません。

2つ目のメリット、「運転者の法的責任が軽くなる場合がある」を説明します。

法定点検を受けていれば、整備不良が原因となって事故を起こした場合、ドライバーの法的責任が軽くなる可能性があります。

そのため、万が一の備えのために法定12か月点検は有用といえます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は少し紛らわしく感じることも多い車検と法定点検の違いについて解説していきました。

法定点検は道路運送車両法で義務付けられている大切な点検です。車検や日常点検だけでなく、ぜひ法定点検も今後の車のメンテナンスに活用しましょう。

当店の車検の速太郎では、車検だけではなく法定12か月点検などの点検も実施しております。なにか送るまでお困りごとがあった際には是非当店のスタッフまでご相談ください!

 

対応エリア

亀岡市・向日市・長岡京市・大山崎町・八幡市・久御山町・宇治市・宇治田原町・城陽市・京田辺市・井出町・和束町・南山城村・笠置町 ・山城町・精華町・
木津町・加茂町・京丹後市・伊根町・宮津市・与謝野町・舞鶴市・綾部市・福知山市・京丹波町・南丹市ほか

対応エリア

亀岡市・向日市・長岡京市・大山崎町・八幡市・久御山町・宇治市・宇治田原町・城陽市・京田辺市・井出町・和束町・南山城村・笠置町 ・山城町・精華町・
木津町・加茂町・京丹後市・伊根町・宮津市・与謝野町・舞鶴市・綾部市・福知山市・京丹波町・南丹市ほか

車検の速太郎京都南店
京都市南区久世中久世町4丁目69番地
TEL:0800-832-5318

車検の速太郎R171向日店
京都府向日市鶏冠井町清水2
TEL:0800-832-5683