速太郎の車検レポート

車検が切れれば一大事!重要な車検についてチェックしよう

大切な愛車も、車検が切れば一大事のトラブルの元となってしまいます。そのため、車検切れを起こす事で生じる問題や、車検が切れた場合に、どんな手続きを行わなければならないかなど、車検についての重要性をチェックしましょう。

車検の重要性について

車検(検査登録)とは、道路運送車両法で定められた、自動車を検査・登録する制度になります。
そして、車検を通す為には、自動車の構造・装置を定期的にチェックし、安全走行が可能な状態を維持することが前提とされます。また、ユーザーの所有権を公証するという役割を持っています。

車検を更新する場合に通常であれば、クルマを購入したディーラーや、前回車検を依頼した業者から、サービスとして事前に電話・ハガキにメールなどで通知が来ることが多いですが、基本的には、車検は自分で把握しておく必要性があります。
もし、車検が切れた場合には、どんな手続きが必要になるかチェックしておきしましょう

車検の有効期間

車検の有効期間は、忘れずに把握することが重要です。
自家用車・商用車・レンタカーでも期間は異なりますが、自家用乗用自動車、軽乗用自動車、小型自動車二輪の場合、新車登録を受けてから1回目の車検は3年で実施。それ以降の2回目からは2年ごとに実施する必要性があります。車検を無事通った自動車には、検査標章が貼付され新たな有効期間が記載されています。

しかし、車検の有効期限が切れたままだと、車を公道で運転することが禁止されるのは当然のことですが、もし気が付かずに公道で走らせた場合でも、道路運送車両法違反で罰則が科せられてしまいます。
罰則の詳細は、違反点数6点と30万円以下の罰金。または、車検のタイミングで更新することが多い自賠責保険も切れている場合には、違反6点と50万円以下の罰金の合計12点が加えられ90日間の免許停止になる可能性もあります。そして、自賠責保険が切れた状態で、事故を起こせば補償がありません。

また自動車税に関しては、車検が切れていても、自動車税の納付書は送付されるため支払う義務があります。そのため、もう自動車に乗らないと決まっている場合には、廃車や買取に出すことをおすすめします。今は乗らないけど、またいつかは乗りたい場合は、ナンバープレートを返納して抹消登録をして抹消登録証を残しておけば、自動車税を払わずして再登録が可能です。

車検切れした場合の対処法

もし車検が切れてしまった場合には、早急に手続きをすることが必要となります。
ただし、車検切れの車は公道を走らせることはできません。積載車などを業者に依頼し、車を取りに来てもらうことや、車検切れの車が車検を受ける為に一時的に仮ナンバーを区役所・市役所・町役場などで発行してもらい、運輸支局まで車を持ち込むことも出来ます。
このように、車検が切れれば車検の更新・修理費用以外にも、罰則や依頼料金が発生する事があります。

安全な運転を心がける為には、車の知識もしっかりと覚えておきましょう。車検や点検もドライバーとしては抜かりがあってはいけませんし、あなた自身を守るだけでなく、同車する家族や友人。もちろん、歩行者の方を不遜な事態に巻き込むやもしれません。

まずはプロがいる車検工場【車検の速太郎・京都南店】へ、ご相談いただき安心・安全な対処をしてみませんか。

メール予約・お問い合わせ